So-net無料ブログ作成

ズートピア ストーリーとネタバレ 感想 [映画]

ポスター.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ポスター2.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] トライ・エヴリシング






今回は、「ズートピア」です。

前評判は高く 「アナ雪、ベイマックスの興業成績を超えた」とされていた為、楽しみにしていました。

結果、ハードルが上がりすぎたせいか、普通よりちょっと上かな、という程度に感じました。

しかし、ジュディとニックの関係が、徐々に近づいていくのは、うまく描けており、最後の2人のシーンは、今後を応援したくなる感じでいいと思います。
ぜひ鑑賞して見てほしいです。

「夢をあきらめない」というテーマですが、内容は「差別に負けない」というところでしょうか。

特に、夢見て上京した事がある人などは、共感する部分など多いのではないでしょうか。

うちの6歳になる子供は、動物が狂暴になるシーンで少しビビッてましたが、全体的には面白かったようです。

ジュディが持ているスマホのマークが「かじられたニンジン」で、アイフォーンのパロディとなっています。
鑑賞時、注意して見てみてください。

そういえば、ポスターの画像を載せていますが、この中に隠れミッキーがあります。
答えは、ブログの一番下に載せておきます。
ぜひ探してみてください。

それでは、ネタバレを含むストーリーです。

ストーリー


ズートピアの世界観は下の2つで成り立っています。

①、動物たちだけで成り立っている世界。
②、肉食動物、草食動物が共存し、人間社会のように暮らしている。

簡単に言うと、人間社会がそのまま、動物に置き換わった様な感じです。

ズートピア.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

主人公ジュディ・ホップスは、小さいころから正義感が強く、大きくなったら大都市ズートピアで警察官になるのが夢です。

警官.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

しかし、警察官は、体の大きな肉食動物ばかりで、うさぎの警察官はいません。

警察.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ジュディは、警察学校で訓練されますが、どの訓練でも他のみんなより劣ります。
失敗するたびに、教官から
「命はない」
と言われますが、へこたれずがんばります。

機敏に動ける自分の特技を生かし、どの訓練でもトップの成績を残すようになり、首席で卒業します。

警官.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

両親に見送られ、あこがれのズートピアに上京します。

両親.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

列車.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ズートピア.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ズートピア 全景.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

配属先である警察署のボゴ署長は、失踪事件の説明をしています。

署長.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

行方不明者.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ジュディを捜査から外すなど、あからさまな差別をします。


トミカ ズートピア ジュディのミニパトカー






駐車違反を取り締まっているとき、怪しそうなニックというキツネを見つけます。

ニック.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

入った店は、アイスショップで、ニックは子供にアイスを買ってあげたくて、店に入った様でした。
しかし、店は
「キツネには売らない」
と言い売りません。

様子を見ていたジュディは、キツネが怪しいと見た目で判断した反省もあり、店に抗議します。
売ってくれることになりますが、ニックはお金を忘れてきたようで、ジュディが払ってあげます。
このアイス、巨大でニックの体より大きいです。
ニックはジュディに感謝し別れます。

駐車違反を取り締まっていると、ニックの子供が車を運転するのを見かけます。
後をついて行くと、先ほどのアイスを溶かし、小さな型に入れ、小さなアイスをいっぱい作ります。
それを、小さな動物の町へ持って行き、売り始めるのでした。
ニックは詐欺師だったのです。

ジュディは問い詰めますが、特に法に触れるような事はしていないので、どうする事もできません。
親切心を裏切られたジュディは落ち込みます

思い通りにならない日々が続き、ジュディの気持ちも、いっそう沈んでいきます。

落ち込む.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

あるとき、泥棒と遭遇し、追いかけることになります。

犯人.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

泥棒は、ネズミとハムスターの町に逃げ込みます。
この町は、ハムスターサイズで作られており、泥棒とジュディはさながら巨人です。
そんな2人が追いかけたり、逃げたりするので、町は大混乱になります。

泥棒は、ドーナツショップの巨大なドーナツ看板を放り投げますが、ジュディはかわします。
ドーナツは転がっていき、町を歩いていたネズミの女の子に当たりそうになりますが、寸前のところでジュディが止めます。

ドーナツ止める.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

泥棒を何とか捕まえ、署長に見せますが、褒めてくれるどころか、町を混乱させたとマジギレです。

怒られている最中、カワウソの奥さんが行方不明の旦那を探してくれと署長に直談判に来ます。

カワウソ 嫁.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

「捜査はしていますが、手がいっぱいで」
と、署長はやんわり帰らそうとしますが、
「私が探します」
とジュディが言い、カワウソの奥さんは感謝し帰ります。

カワウソ 感謝.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

署長は、ブチギレです。

署長 ブチギレ.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

「48時間以内に見つけれなかったら、警察をやめろ」
とジュディに言い、ジュディも承諾します。
なぜ、署長がこんなにジュディにキツくあたるのか分かりません。

捜査資料を見せられますが、手掛かりは失踪、少し前の写真1枚のみです。
しかし、写真には、カワウソの旦那さんがアイスを片手に歩いているところが写っています。

すぐさま、ジュディはニックを見つけ出し、捜査に協力するように言いますが、ニックは協力しません。
アイスで小さい時から、商売していると話したニックの言葉を録音し、脱税で捕まえることもできると脅し、協力させます。


ディズニー ズートピア 録音再生! ジュディのニンジン型レコーダーペン






ニックは、よく覚えている奴がいると、案内された先は、人間社会でいうところのヌーディストクラブのようなところです。
ジュディは、服を着ていない動物たちを見て、目のやり場に困ります。
動物たちの格好はどれも大胆ですが、私たちからすれば動物園にいる動物達と、なんら変わりありません。

何とか、カワウソの旦那が乗った車のナンバーを聞きだし、持ち主を調べる為、免許センターに向かいます。

免許更新所2.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ここの職員は全員ナマケモノです。

免許更新所.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

フラッシュというナマケモノが、ニックの知り合いだそうで、車の持ち主を教えてもらいます。

ジュディ ニック.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ナマケモノの仕事の遅さに、見ているこちらがイライラします。

教えてもらった先にいくと、車が置いてありました。

ナンバー.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

中に入ると、後部座席がキズだらけです。
ニックとジュディは捕えられ、ボスのところへ連れて行かれます。

闇のボス つかまる.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ボスはネズミで、シロクマが手下のようです。

闇のボス 手下.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ここは、映画「ゴットファーザー」のようです。
ニックとジュディは「氷漬け」で殺されそうになりますが、ボスの娘が登場し、
「私の命を救てくれた、うさぎさんよ」
と言い出します。ドーナツの時の娘さんでした。
ボスは受けた恩は返すと2人を解放し、車の運転手の居場所を教えます。

運転手の家に行くと、ひどく怯えており、玄関扉を開けてくれませんが
「突然カワウソが凶暴になり、襲ってきた」
「彼は、夜の遠吠えと叫んでいた」
と言っています。何とか扉を開けてもらい、中に入ると、そこには凶暴化した運転手がいました。

凶暴化した運転手に追われ、ジュディは警察の応援を呼び、助けてもらいますが、その時には凶暴化した運転手はいませんでした。

ニックとジュディは引き続き捜査をします。
ロープーウェーで移動中、ニックは身の上話をします。
キツネと見た目だけ判断され、子供の頃から、いじめられ、口輪などをはめられた事などを話します。
「俺は2つ学んだ」
「なにがあってもキズつかないようにする」
「世界がキツネの事を、ズルくて信用できないと決めつけるなら、何をしても意味がない」
それだったらと、見た目通り詐欺師になったと。

交通カメラで狂暴化した運転手を探そうという事になります。
ベルウェザー副市長にお願いし、市役所の交通センターを使わせてもらいます。
データベース1.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

データベース2.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

狂暴化した運転手が連れて行かれる様子が録画されていました。

連れて行かれた先は、今は使われていない大きな病院でした。
この病院、中の設備は最新のようです。
失踪した14人全員がいました。

そこに、ライオンハート市長が来ます。

ライオンハート.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

「原因が何か分かったか」
と研究員に聞きますが、
こうなっているのは肉食動物だけで、生物学的なものかと」
と答えます。
ジュディは、スマホで一部始終を録画し警察に報告し、ライオンハート市長は逮捕されます。

行方不明事件を、新人の警官が解決したと、マスコミはこぞって報道します。

記者会見をすることになり、ニックはジュディにいろいろアドバイスします。

ニック 「賢く見せるには、質問を質問で返し質問に答える事」
ニック 「ホップス巡査、事件について言える事は?」
ニック 「難しい事件だったか?ええそうですね」

ニックの優しさに触れたジュディは警察官の応募用紙を渡し、警察官になる事をすすめます。

ジュディの記者会見が始まり、ニックのアドバイス通り順調に進んでいましたが、想定外の質問が続き、
「なぜ凶暴化するのですか?」
との質問に
「生物学的要素が関係あり、DNAのせいかも」
とライオンハート前市長が話していたのを、言ってしまします。
まるで、DNAのせいで肉食動物は誰であっても突然凶暴化するような感じで受け取られます。

キツネというだけで、決めつけられた過去を持つニックは、この発言にがっかりし、警察官の応募用紙を返し、ジュディのもとを去ります。

マスコミも、このように報道し、ズートピア中が、肉食動物に迫害を始めます。
こんなことになるとは思わなかったジュディは、どうしていいか分からず心を痛めます。

後日、ジュディとボゴ署長は、新市長に呼び出されます。
新市長は、前副市長、羊のベルウェザーでした。

ベルウェザー.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ベルウェザー市長は、ジュディを町を救った英雄としてアピールしていくと言っています。
ジュディは
「私は英雄じゃない。世界をより良くしたかった。」
「私は町をバラバラにしてしまった。」
「バッチをお返しします。」
と言い警察官をやめます

田舎に帰ったジュディは、家業である、にんじんを売っています。

そこへ幼馴染が、パイを持ってきてくれたので、みんなが集まってきます。
畑からくる子供らに、ジュディのお父さんは、そのあたりは通るなと注意します。

そこには、虫よけの為に植えている花があり、それを間違って食べたりすると狂暴になるようです。
しかも別名は「夜の遠吠え」です。
ジュディの中で、狂暴化した理由がつながりました。


ジュディは、ズートピアに戻り、ニックに話し、再度協力を求めます。
この前、捕まえた泥棒が盗んでいたのが「夜の遠吠え」でした。

犯人.jpg
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

泥棒に取引先を聞きだし、そこへ向かうと、今は使われていない地下鉄の構内で、夜の遠吠えを精製し濃縮しているところを発見します。

濃縮したのを鉄砲の弾にし、それを当てることによって狂暴化させていたようです。
ジュディは銃と濃縮弾を証拠として奪い逃げます。

逃げた先にベルウェザー市長がいます。
狂暴化させていた犯人はベルウェザー市長でした。

銃と濃縮弾を奪い取られ、ニックが撃たれます。
ニックが狂暴化し始めます。

ジュディ    「支配するために肉食動物を狂暴化させていたの?」
ベルウェザー 「そうよ恐怖で支配するのよ」

ニックがジュディに襲い掛かる瞬間、

ニック 「ありがとう。おしゃべりさん」

と言い、会話を録音していた事を明かします。

ディズニー ズートピア 録音再生! ジュディのニンジン型レコーダーペン






ニックは、銃の弾をブルーベリーに替えており、狂暴化は演技でした。

ベルウェザーは逮捕され、ライオンハートは釈放されます。
夜の遠吠えの治療法が発見され、狂暴化した動物たちは元に戻ります。

警察学校の卒業式でジュディは演説します。

「子供のころズートピアは、動物たちが何にでもなれる理想の町だと思っていた」
「現実は違った」
「お互いの違いを認め合えば、きっとうまくいく」

卒業生の中にキツネ初の警察官ニックもいます。

ジュディと同じ部署に配属されたニックは、相棒となります。

スピード違反の車を追跡する時、

ニック  「俺の事好きなんだろ?」
ジュディ 「それはどうかな? ええそうですね」

記者会見の時の、アドバイス通りの答え方です。
つまり、ニックの事が好きなんですね。

そのあと、180km/hオーバーの違反者を捕まえます。
運転手は、免許センターのナマケモノでした。
ここでENDです。


感想


アメリカの黒人差別などを根底に描いているのでしょうか?。

ズートピアは、一見、理想の町です。
しかし、よく見ると、動物それぞれの特性を生かすあまり、歪みが生じ、差別が無くらない町でもあります。

ジュディの言っていた、「お互いの違いを認め合えば、きっとうまくいく」
言葉にすれば、簡単な事のようですが、かなり難しい事です。
しかし、ちょっとずつでも、そうする事で、ジュディの言っている「世界がより良く」に近づいているのでしょう。
日本でも、ちょっと前までは、就職するとき年齢、性別、学歴で、申し込む事すらできない時代もありました。
その事を思えば日本も、少しずつ理想に近づいているのでしょうか。


「俺の事が好きなんだろ?」と言われ、ニックが教えてくれたアドバイス通りに返事をするジュディ。
こう持ってきたかと、少しシビれました。
今後の2人の展開が気になります。
結婚したら、ニックは尻にしかれている気もしますね。(^_^)

ナマケモノは完全にオチ要員でしたね。
交通センターの件で、ジュディ以上にイライラしてしまいました。(ノ`□´)イライラ
最後のスピード違反、ナマケモノの姿を見ていると、映画の内容が私の頭の中から完全に消えそうになりました。(゚∇゚ヘ)

ポスターの中の隠れミッキーの答えですが、ジュディの持っているカバンの模様の一つがミッキーになっています。

公開初日でしたが、200人収容の映画館で、9割方、お客さんが入っていました。
出だしとしては、そこそこではないでしょうか。

コメント・シェアお気軽にどうぞ







ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

LAIN

差別をテーマにしたのは確かに世の中に向けてのメッセージでも
あるのでとてもいいと思います。でも自分と違う存在を認めることは
どんな人でも簡単にはできないことだと思います。差別と言っても
マニュアルやネット情報だけでは少々、足りない気もします。
人種だけじゃなく性格の違いでも1人になってしまい寂しい思いをしてしまう人もいます。世界中のいろいろな個性を持った人々はズートピアのようにお互いの違いを認め合い心を大きく持って様々なコミュニケーションを経験していく、未来をよくする大切なやさしさだと
思います。ズートピアはDVDが出たら見ようかと思います!
お邪魔しました〜!
by LAIN (2016-05-31 01:23) 

うめきち

コメントありがとうございます。

ズートピアは現代社会の縮図のような感じです。
色々考えさせられる内容でもあり、楽に見ようとすれば楽しめる内容でもあります。

DVD出たら、ニックとジュディの、いい感じの恋愛も見てみてくださいね~。(^_^)
by うめきち (2016-05-31 08:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0